営業時間短縮に伴う感染拡大防止協力金

長かった梅雨も明け、やっと夏らしい気候になって来ましたね。

本日から東京都から酒類を提供する飲食店への営業時間の短縮要請が始まりました。今回も一律20万円の協力金は出ますが、4月・5月の協力金とは趣旨が違うため、対象となる施設や条件も異なりますので、今時点で判っている事を記載したいと思います。

(以下東京都HPより抜粋)

主な対象要件

  • 東京都の営業時間短縮要請を受けた、酒類の提供を伴う飲食店及びカラオケ店を運営する中小企業、個人事業主等
  • 夜22時00分から翌朝5時00分までの夜間時間帯に営業を行っていた事業者が、朝5時00分から夜22時00分までの間に営業時間を短縮した場合
  • 要請を行う全期間(令和2年8月3日から31日まで)において、営業時間の短縮に全面的にご協力いただくこと
  • ガイドラインを遵守し、「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示していただくこと

 

上記の様に、本日より22時までの営業時間短縮と、感染防止徹底宣言ステッカーの掲示が必要となります。申請を検討されている方で感染防止徹底宣言ステッカーを未だ掲示されていない方は、こちらからオンライン申請・印刷が出来ますので、要件を満たす様に早急に実施をお願いいたします。

申請の詳細は、後日東京都のHPにUPされる予定です。専用のポータルサイトも作成される様ですので、その際にはまたこちらで紹介したいと思います。